肌への負担が大きいかも…。ー市販品での自己処理ー

カミソリは角質まで削ってしまう

ヒゲ、腕、脚などのムダ毛処理は身だしなみとして欠かせないものであり、こまめに処理をするのが当たり前になっている人も多いでしょう。しかし、市販品での自己処理では肌への負担が大きいものがあります。せっかく見た目を良くするためにムダ毛を処理しているのに、肌がボロボロになってしまうのはとても悲しいでしょう。ムダ毛処理の時に使うアイテムの代表格と言えば、カミソリです。カミソリは安価で購入できて、最も手軽にムダ毛を処理することができます。カミソリでは刃を使ってムダ毛を処理しますが、ムダ毛と同時に表皮の角質まで削ってしまいます。必要な角質まで削ってしまうと、バリア機能が低下し、肌荒れの原因になってしまうのです。カミソリによる自己処理で肌へのダメージが蓄積されいくと、黒ずみや埋没毛、肌のカサカサなどを引き起こし、肌の美しさが損なわれてしまいます。

一番おススメできない自己処理は毛抜きによる処理

毛抜きを使った自己処理は、道具も気軽に手に入れることができますし、気になる部分を手早く処理したい時に重宝するでしょう。しかし、毛抜きで無理やり毛を抜くことで、皮膚や毛穴に大きなダメージを与えています。皮膚が傷ついたり、出血したりすると、表面にカサブタができたり、ダメージを守ろうとして角質層が固くなったりします。そうすると毛が表皮に出てこられなくなり、埋没毛の原因になってしまうのです。それだけでなく、傷ついた肌に紫外線を浴びることで色素沈着を引き起こしたり、無理やり抜くことで毛穴が汚くなってしまったりなど、毛抜きを使った処理は肌に多大な悪影響を及ぼします。毛が生えてくる限り、自己処理は続きます。いくつになってもみんなから羨ましがられるような美肌を目指したい場合は、肌へ負担をかける自己処理から早めに卒業することが大切でしょう。